ホーム
商品一覧
座布団
お昼寝枕
お昼寝布団
その他
お手入れ方法
お店紹介
掲載情報
ご購入方法
お問い合わせ
リンク
京座布団 こぐれ
東京都中野区東中野1-38-5
TEL:03-3361-6976
E-mail:info@kogure.ne.jp
 

お店紹介


当店のHPに来て頂きましてありがとうございます。
当店は座布団を中心にお昼寝枕や、お昼寝布団など数多く取り揃えております。
生地のカラーバリエーションも豊富にございますのでご自分で生地と色を選ぶ楽しみもございます。
お近くにお寄りの再は是非お立ち寄り下さい。
こぐれ こぐれ こぐれ店内 こぐれ店内

やわらかな生活  
やわらかな生活 人にはそれぞれ個性があるように、好みのインテリアも様々です。しかし、何か共通項があるはずです。それは一体どのようなものでしょうか?私たちは「気持ちが落ち着き、何かほっとする安らぎが演出できるもの」がそれだと考えます。人は自然に触れるとなぜか心安らぎます。インテリアでいうと、自然素材や手作りの物に触れたときに同様の感覚が得られると思います。そこで私たちは、自然素材・手作りということにこだわって、温もりのある昔ながらの物作りをしています。現在あらゆる分野で機械化による自動化での物作りがなされています。確かに自動化し大量生産することによってコストダウンなどの良い点もあるかと思いますが、それと同時に失うものも多くあると思います。私たちはその無くした部分を大切にし、温もりや心地よさを表現するために、素材と手作りにこだわりインテリアを通じて安らぎをあたえられたらと考えています。だからといって、高価な工芸品を作るのではなく、あくまでも気軽に使える日常品作りを目指しています。
座布団の歴史  
座布団の歴史 座布団は畳に由来します。古代の畳は寝具と座具の両方を兼ねており身分や権威を表す物でした。その座具としての部分が座布団の原型へと移り変わりました。鎌倉時代になると、綿の輸入の再開と、生産技術の向上により、側地に布を使うようになり、江戸中期頃には生地の中に綿を入れたほぼ現在の形になりました。しかし、庶民に普及したのは大正時代になってからのことです。
安心できる生活  
安心できる生活 綿は座布団を作るのにとても良い素材です。なぜなら他の植物に比べ農薬や不純物を吸収しにくい性質なので、人体にとってもやさしく安全だからです。また、座布団一枚作るのに約8坪の土地が必要なほど貴重な素材でもあります。




〒164−0003
東京都中野区東中野
1-38−5

Tel/Fax:03−3361−6976
11:00〜17:00
月・火 定休

(展示会等で、定休日が変わる場合もございますので、お越しの際はご連絡して頂ければより確実です)


(詳しい地図です)

JR東中野駅・東口・南側出口(交番側)で降りて頂き、東中野名店街を進んで下さい。左側にセブンイレブンを通り過ぎて、喫茶店オリーブを左に曲がって下さい。駅から約徒歩5分です。
 
Copyright©2005 Kogure. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】